有機野菜は体に良いと言われますが、有機野菜は危険だと主張している人もいます。
有機野菜について水掛け論になっている部分もあるので、今回は有機野菜は危険なのか、安全なのかをじっくりと検証していきたいと思います。

有機野菜を安全に食べてもらえるようにわかりやすく説明していくので是非参考にしてください。

そもそも有機野菜って??

そもそも有機野菜の危険性や安全性の前に、有機野菜って何なのか復習していきましょう。

有機野菜とは、「科学的に合成をされた農薬などに頼らず、2年以上土作りを行なった畑で育てられた野菜」のことです。
有機野菜は、「化学肥料や農薬を使わずに育てられた野菜」のことです。

さらに有機野菜は、JASに基づいた厳しい審査をクリアしなければいけません。
プロセスや基準などを第三者が厳しくチェックしており、審査をクリアしなければ有機野菜を名乗ることが出来ません。

そのため有機野菜は危険というよりは安全を重視した野菜になります。

有機野菜の危険性についてどうなの?

有機野菜はそもそも何故危険だと言われているのか?

それは有機野菜では有機肥料を使いますが、この有機肥料が危険だと言われる原因でもあります。

有機肥料は、家畜のフンなどを発酵させて作成します。
基本的には熱で死滅しますが、この発酵が不十分の場合、熱が足りずに病原菌が発生する原因にもなります。

そしてその野菜を食べた場合危険につながると言われています。
ですが土のついたままの野菜を洗わずにそのまま食べた場合です。

水洗いをして茹でたり皮を剥けば食べるのには問題ありません。

 

有機野菜は先ほども記載した通り厳しいJASの審査をクリアしなければ有機野菜と名乗れないため有機野菜の安全性は高くなっています。

有機野菜はとても手間がかかる野菜でもあるので、体への安全を考えたしっかりとした企業でなければそもそも有機野菜の震災に合格することは出来ません。

 

有機野菜は危険性や安全性どちらも言われますが、野菜本来の味を堪能できるし、野菜の栄養も摂取できます。
確実に危険性が無いとは言えませんが、コンビニやスーパーの野菜を食べるよりも栄養価が高いので自分の体や家族の健康のためにも、ぜひ有機野菜をお勧めします。

有機野菜を使っている宅配業者はとても多く忙しい妊婦さんや小さな子供がいる家庭にもお勧めです。

有機野菜のオススメな業者は下記の記事でチェックしてください。

おすすめの記事