野菜不足で引き起こされる症状一覧!必要摂取量と解決方法

日本人は野菜をたくさん摂取しないため、野菜不足に陥る方がとても多いのが現状です。野菜は年により高騰したり家計の圧迫になるので、食べない人も多いでしょう。定食屋などのお弁当でも、野菜が少ないので日本人はどんどん野菜不足に陥ってしまいます。

今回は野菜不足により引き起こされる症状一覧と、野菜の必要摂取量と栄養素を解説します。

1日に必要な野菜の摂取量は?

1日に必要な野菜の摂取量は年齢によって変わります。野菜不足にならないためにも、必要な野菜摂取量を把握して毎日の食生活に活かしていきましょう。

野菜の必要摂取量は、1日あたり350g

年齢別による野菜の平均摂取量が下記となります。

年齢 野菜の平均摂取量
20-29歳 約230g
30-39歳 約240g
40-49歳 約250g
50-59歳 約270g
60-69歳 約300g
70歳以上 約300g

年齢が若ければ若いほど、野菜の摂取量が足りていない現状となります。最近では手軽にコンビニでも野菜を購入できるようになってきているので、積極的に野菜を摂取したいですね。コンビニのカット野菜で、約100gの野菜の摂取量となるため、1日だけでも野菜3袋を食べる必要があります。

野菜不足による症状一覧

野菜不足になるとどのような症状がでてくるかご存知でしょうか?野菜不足になると、意外にもどんな症状が体に起きるかを知らない人の方が多いんです。

ここでは、野菜不足に陥ることによる症状一覧をピックアップしたのでご紹介します。

 

野菜不足による症状一覧
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • ストレス
  • 生活習慣病

 

野菜不足による症状について順番に解説します。

便秘

野菜不足によると、腸内環境が悪化して便秘になりやすくなります。ビタミンやミネラルなどが不足することにより、腸内活動が衰退していくため便秘となります。

野菜を食べる、もしくはヨーグルトなどを摂取して腸内活動を活発にしましょう。最近では、コンビニでも手軽に野菜ジュースや飲むヨーグルトが販売しているので、時間がない方は利用するのも1つの手でしょう。

肌荒れ

肌荒れは野菜不足により引き起こされる症状になります。ビタミンなどの摂取量が足りないことで、肌荒れの原因にもなります。

美容を気にする方は、積極的に野菜不足にならないために野菜を摂取するようにしましょう。野菜不足になりニキビや乾燥の元になります。

ストレス

野菜が不足することにより、ストレスがたまる原因にもなります。ストレスが溜まれば、生活にも悪影響が起きるため十分注意してください。

カルシウムなど牛乳などを積極的に摂取すると良いでしょう。ストレスが溜まれば、交友関係にも影響がでる可能性があるので、野菜も日頃から摂取するようにしましょう。

生活習慣病

野菜不足により生活習慣病になる可能性があるため危険です。野菜の摂取量が不足したまま長い月日を過ごしてしまうと、生活習慣病が引き起こされる可能性がございます。

野菜やフルーツを積極的に摂取するようにしましょう。

野菜不足の解決方法

野菜不足は、意識して改善しなければ野菜不足の解決は難しいのが現状です。何故なら野菜の摂取量が多く通常生活していると、摂取量を取るための野菜の量が膨大すぎることが悩みです。

そのため解決方法としては、コンビニやスーパーなど手軽に購入できる場所を有効活用することで野菜不足を解決することができます。

 

便利な野菜不足で使える商品
  • コンビニのカット野菜
  • 野菜ジュース
  • 飲むヨーグルト
  • フルーツの詰め合わせ
  • スティック野菜

 

これらの商品を上手に活用して野菜不足を改善するようにしましょう。野菜不足を解決するためには、手頃に摂取できる便利な商品が必要です。フルーツの詰め合わせなども、コンビニで手軽に購入できるのでぜひ活用して、野菜不足を解決しましょう。

お昼ご飯など休憩時間の食事も野菜の摂取を心がけるようにしてください。もし時間が足りない方は、野菜ジュースで対策をしましょう。

まとめ

野菜不足による症状一覧や解決方法はいかがでしたか?

日本人は慢性的な野菜不足で生活習慣病にかかる方も多いと言われております。野菜不足を解決するためには、コンビニなど今や手軽に利用できる野菜を摂取することを心がけましょう。

野菜ジュースやカット野菜は、安くて便利に野菜を摂取できるのでおすすめです。

おすすめの記事