栄養価の高い野菜ランキング!食べるならこの野菜で決まり!

近年多く見られる生活習慣病や若者の不摂生による健康被害など、栄養が足りずに病気で体を壊してしまうケースが数多く見受けられます。

健康面の予防として野菜に含まれる栄養素は注目されており、成分や健康への有効性なども報告される事例があります。

野菜は食べれば食べるほど健康に良いと思っている方も多いですが、適度に栄養価の高い野菜を食べることが良いとされています。トマトにも致死量があり人間は1t以上トマトを食べれば致死量に達するとも言われております。そこまで食べる人はいないでしょうが、野菜も適度に取りすぎは禁物ということを覚えておきましょう。

栄養を摂取するために、スーパーに向い野菜を見てもどの野菜が栄養が高く購入するべきなのか悩みませんか?私も野菜の知識がないときは、どの野菜を食べれば栄養価が高いのか分からず好きな野菜のみ購入してました。

しかしせっかく野菜を摂取するなら、どうせなら栄養価の高い野菜を食べて体にも健康な食生活にしたいですよね?

そこで今回は栄養価の高い野菜をランキングにして紹介するので参考にしてください。

栄養価の高い野菜ランキング

せっかく野菜を食べるなら栄養価の高い野菜を食べたいですよね?

スーパーや八百屋では様々な野菜が販売されておりますが、栄養価の高い野菜かどうかは書いておらず値段しか記載していないため安い野菜をメインに購入してしまっている人もいるかもしれません。

 

栄養価の高い野菜を知っておけば、小さなお子様などがいる家庭でも健康に気を使った食生活を送ることができます。ぜひ栄養価の高い野菜を知っておき、家族や子供の健康のためにも栄養がある野菜を購入して楽しい食生活を過ごしましょう。

1位:モロヘイヤ

モロヘイヤは他の野菜よりも栄養価が圧倒的に高く、健康な食生活を過ごしたい方にとっては強い味方になります。モロヘイヤにはカロリーも低めであり、100gあたりで38kclなのでダイエットにも最適な野菜となります。

モロヘイヤには、カロチンという栄養素が多く含まれておりほうれん草やブロッコリーと比べても約5倍以上のカロチンを含みます。

カロチンには、紫外線などの老化を防ぐ役割もありいつまでも若いままで過ごしたい方にとって強い見方となります。

その他には、食物繊維やカルシウム、ビタミンK、葉酸なども含まれており野菜の中で栄養価の高い野菜の堂々1位にランクイン。

2位:しそ

しそは栄養価の高い野菜であり、ビタミンAの多さは野菜の中でも段違いに多く含まれております。

そのほかには、カルシウム、鉄分ビタミンもB1、B2、Cも豊富に含まれているため食卓に使いたい野菜の1つでもあります。しそは、あまり野菜単体で使う機会が少ないですが天ぷらなどにすれば単体でも摂取できる野菜になります。

主食のアクセントにしそを使ってみると栄養価の高い食事が期待できます。

しそには、防腐の効果もあり魚や肉と一緒に使われることもあります。

 

神経を沈める働きや、貧血や食欲増進など色んな場面で活躍する野菜となります。

3位:パセリ

パセリはβカロテンやビタミンE、ビタミンCといった栄養素が主に含まれております。

抗酸化ビタミンや鉄、カリウム、カルシウムなどのミネラル、さらに食物繊維や葉酸も豊富に含まれているため栄養価の高い野菜にランクインしました。

抗酸化ビタミンとはがん、老化、免疫機能の低下などを引き起こす活性酸素の働きを抑える作用があり、様々な病気を予防するための働きを持っております。

家庭の食事で1度は利用して欲しい野菜の1つとなります。

4位:よもぎ

よもぎに栄養価が多く含まれていることをあまりご存じない方も多いのではないでしょうか?

実は意外にも栄養価の高い野菜として野菜マニアの中では知られている存在です。

よもぎは酵素、葉緑素(クロロフィル)、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類などの数多くの栄養素が含まれており優秀な野菜の1つです。 食物繊維や美肌に良いビタミンAはほうれん草よりも多いため、ほうれん草のレシピに飽きてきた方はよもぎを使ってみるのも1つ、食生活を楽しくするポイントです。

5位:ブロッコリー

ブロッコリーは、筋トレなどで必要になる栄養素が豊富に含まれておりダイエットや筋トレ愛好家からも好まれる食事となります。

ブロッコリーはとても栄養価が高い野菜で、100g食べれば1日に必要なビタミンCが摂取できる魅力的な野菜の1つです。ビタミンCだけでなく、葉酸、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、食物繊維などのさまざまな栄養素が豊富に含まれており、健康的な食生活を送るのであれば外せない野菜の1つです。

6位:ほうれん草

ほうれん草は様々な食事でも使われる万能な野菜の1つです。栄養価も高いため、活用する場面も多くほうれん草を使った食事は覚えておくと便利です。

ほうれん草は総合栄養野菜と呼ばれるほど、豊富な栄養素が多く含まれており野菜の栄養を総じて含んでおります。

ほうれん草は多くのカロチンを含んでおり鉄分なども含まれているため、骨の形成や健康維持に役立っております。

7位:大根の葉っぱ

大根の葉はβ-カロテンを多く含む緑黄色野菜で、ほうれん草よりも多く含まれております。 また、カルシウムや鉄などのミネラル類や、葉酸、ビタミンEなども含まれており、とくにカルシウムの含有量は、野菜の中でも上位で小さなお子様の食生活の助けにもなっております。

8位:ケール

ケールは青汁としてよく使われる食材で、栄養価の高い野菜の1つです。

キャベツと比較してみると、ケールに含まれるβ-カロテンは約60倍・葉酸は約2倍・ビタミンCは約2倍・カリウムは約2倍・カルシウムは約5倍もあり栄養価の優れた野菜で食生活に利用したい野菜の1つです。

おすすめの記事